フリーターから就職するのは難しいのか

フリーターから就職するのは難しいのか

フリーターから就職するのは難しいのか

日本では、新卒採用が重視されており、新卒採用のチャンスを逃したらまるでドロップアウトしたかのように扱われてしまうということがあります。
大手企業では、社会人経験ゼロの若い人を1から育て上げて、自分の会社の好みの色に染めてしまおうという風潮があるようです。
大手企業と一部の優良企業では、新卒採用でしか正社員を採用しないというところも多いです。

 

フリーターの人が就職をするのが難しいと言われている理由の1つに、フリーターは中途採用しか利用ができないということがあげられます。

 

中途採用では、それまでの実務経験が重視されます。
それまでの社会人経験で、どのようなことを経験し、どのようなことを学んできたのかということです。
企業はアルバイトや派遣社員に責任のある仕事をまかせることはあまりせず、だれにでもできる単純労働だけを任せるという傾向があります。
そのため、中途採用においても、正社員として働いてきて、責任のある仕事を任せられてきたということが有利に働きます。
この意味でも、フリーターの人は不利になります。

 

しかし、フリーターの人が正社員になることは不可能というわけでもありません。
まだ若い人なら、正社員に誘われることもありますし、中小企業では有能な人材が不足している傾向があるので、アピールポイントがあるのなら正社員になれるチャンスもあります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ